2012年02月01日

Ramp up

Ramp up
増加(名詞)、増加する(動詞)


What's the expected ramp-up rate?
予想される増加率はどのくらいですか。

What is the basis for assuming such a quick production ramp-up?
それほど早く生産が増加すると思う根拠はなんですか。

生産高、残高、人員などの増加をさして使われる言葉です。

posted by neko at 14:17| Comment(11) | 名詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

Catch up with

Catch up with
連絡する


I'll catch up with you later.
後で連絡します。

Let's catch up in the afternoon.
午後にまた話しましょう。

もとは「追いつく」という意味ですが、「連絡する」「コンタクトをとる」という意味で使われます。こういうアクティブな動きを連想させる動詞が企業では好んで使われる傾向にあります。パワフルなイメージを演出できるからでしょうか。
posted by neko at 14:57| Comment(3) | 動詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

Super star

Super star
出来る人、文字通り、会社のスター

Charlie is a super star in our group.
チャーリーはうちの部のスターだ(ずば抜けて出来る人だ)。

日本語でも同じような言い方をするかも知れません。他の人より秀でている人のことをさしてこう言います。査定やボーナスの時期になると、上司があちこちで自分の部下の宣伝をするので、色んな人がいきなりスターになったりします。
posted by neko at 14:30| Comment(5) | 名詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

Leverage

Leverage
利用する、活用する、力を借りる

Why don't we leverage Tom's experience with a similar client?
類似のクライエントと仕事したトムの経験を利用してはどうでしょう?

I'd rather leverage what we already have rather than creating something new.
新しいものを作るより、今あるものを活用したいです。

元の意味は「てこの原理」の「てこ」で、そこから利用する、活用する、力を借りる、という意味になります。「この人に一人でやらせたら不安だな」と思う場合なんかに、「〜さんに手伝ってもらえば?」というかわりに、「〜さんの経験を活用してはどうでしょう?」みたいなオブラートに包んだ言い方ができるので便利です。
posted by neko at 14:35| Comment(5) | 動詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

In terms of

In terms of
〜に関しては


In terms of contact frequency, we need to keep in mind that too much could back fire on us.
コンタクトの頻度に関しては、あまりにやりすぎると逆効果だということを覚えておかねばなりません。

We are on track in terms of completing project A.
プロジェクトAの進捗に関しては、予定通りです。

この言葉も会議で必ず出て来る言い回しです。アメリカ人でも間違った使い方をすることが多いのですが、in terms of 名詞または動詞のing形で使えば大丈夫です。
posted by neko at 14:50| Comment(6) | 慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。